東京にあるリサイクルショップで買取してもらうには

スタッフBlog

オフィスの移転をする際、不用になったオフィス家具などはどうされていますか?最近の近代的なレンタルオフィスは、事務机からイス、ロッカー、冷蔵庫や電子レンジまですべて完備された最新式のものが多く、古いオフィスから引っ越ししようとする際、これまで使っていたオフィス家具や家電製品などが全て不用になるケースがありますね。
最近、東京の駅前にできた新しいオフィスビルへの移転を決めたのですが、ここがまさにそのパターンであったため、引っ越しにあたり、オフィス家具と従業員の休憩スペースにおいていた電子レンジや冷蔵庫もろもろを処分することになりました。

引っ越しで経費もかさむことですし、お金を出して処分するなら、リサイクルショップに買い取ってもらったほうが得策と考え、東京市内にあるリサイクルショップに査定を依頼しました。そこで学んだ高い査定額がつく条件を紹介しておきます。家電製品については製造年月がキーポイントで、およそ5年以内のものが買取対象になります。また、製造メーカーによっても買取額に差が生じます。冷蔵庫などは冷蔵庫臭などがついていたり、電子レンジであれば食品の臭いがこもっていると買取してもらえないこともあるので、綺麗にしておきたいものです。付属品や取扱説明書がないと、査定額が減額されてしまいます。オフィス家具の場合、綺麗にしておくことが一番です。個人家庭ではなく職場で使うものなので、ちょっとしたキズ程度なら、大きく査定に影響することはないようですが、不潔なのは問題外です。リサイクル品を手に入れる方が気持ちよく使える状態にしておくことが大切です。もちろん、リサイクルショップでは、店頭に並べる前にクリーニングやメンテナンスを行いますが、その手間がかかるほど、査定額は下がってしまうということになります。また、オフィス家具についても付属品や取扱説明書はあったほうがいいです。事務机やロッカーのカギ、棚の仕切りなどや、一部組み立て式になっている家具であれば、その組立説明書も揃えておきましょう。家電製品の買取は家電買取専門リサイクルショップに売ると一番高くくれるので色々探してみるのもいいと思います!

関連記事