Blog

グンとよくなる!居心地の良いインテリアの「セオリー」

 

どれほど豪華でも、素敵でも使いにくい部屋は住みにくいモノです。カッコいいデザイナーズチェアでもライフスタイルに合わない家具はそれは住みにくい部屋にするアイテムになってしまいます。まず居心地のいい部屋づくりは「ライフスタイル=生活パターン」を考え、どんな生活リズムでどんな風に暮らしたいかを一番に頭に置いて選んで行くことが大事です。インテリアコーディネイトというとデザインや色選びから選らんでいうように感がれていますが、実は間違えで快適にスムーズに生活が行えるように方向付が一番なのです。

インリアのセオリー

部屋のインテリアで初めの一歩は「ベースのスタイル」

ベースのスタイルを選ぶという事は、「どんな雰囲気の中で暮らしたいかを決める事」です。モダン、カジュアル、トラディッショナル、カジュアル、ゴージャス、エレガントやクラシックなど様々な方向性があります。具体的に自分が心地よさそうなのはそのスタイルでしょう?
あくまでベースであって「百パーセントこのスタイル」というわけではございません。日本の住環境にあるのは実はモダンなスタイルだという意見もございます。例えば一般的なマンションでは、白い壁と天井に木の床、四角くて大きな窓あって、天井は2,4メートル前後という感じでしょう。日本の空間は伝統的に垂直のまっすぐなものです。モダンスタイルな家具は高さを抑えた家具が多いため天井の低い日本住居にある理由の一つです。

ゴージャスな部屋実例

ゴージャスな部屋実例

http://matome.naver.jp/odai/2135235961023300501

白を基調として、柔らかな雰囲気でまとめた”フレンチイタリアンデコ”のインテリアをまとめます。女性なら誰しも憧れるキレイでカワイイ、優しい雰囲気のお部屋が満載です♪

エレガントな部屋の参考になるインテリアコーディネート実例

エレガントな部屋の参考にな

http://www.interior-heart.com/navi/cod2.html

ベージュに白いベッドやサイトテーブルをコーディネートしたエレガントなインテリアです。家具だけでなく額縁やカーテン、花など上手にまとめられているので、白くて上品なイメージの参考になる思います。

上質なモダン部屋をつくるプロのアイデア

上質なモダン部屋をつくるプhttp://matome.naver.jp/odai/2136123866091286001

都市部のマンションやモデルルームなどでも多く取り入れられるモダンテイスト。モダン部屋をつくるプロのテクニックをまとめてみました。

「急がば回れ」インテリアは時間をかけて選ぶべし

心からリアラックスできる自分の巣のような場所が住まいの理想です。その単となるインテリアは長く付き合うものであるべきです。たとえ賃貸としていずれ引越しをする場合でも家具などは長く使い続けるものです。ですから選らぶ時もじっくり考えることが重要です。
例えばソファが自分の最初に決めたイメージの核になるならばOK。もし予算の都合などで少しイメージと違う場合でもあきらめる必要がございません。
クッションを置く、スローケットを掛けるなどして小物の力を借りて上手にカムフラージュしならがら長期的に計画を立てていけばいいでしょう。一度に多くの予算はかけられなくても長期的な目標をたてて方向性がぶれなければいいのです。たとえ途中で軌道修正することがあっても問題ありません。
インテリア選び方

インテリアの選び方

http://www.interior-heart.com/seven-color/buy/
インテリアや家具は頻繁に買うモノではないので、その選び方に慣れている方は少ないと思います。好みで選ぶ場合が多いと思いますが、その好みも明確なポイントを理解していないと探すことも大変です。皆様がインテリアを選ぶときにフックとなるようなポイントをそれぞれに分けてご紹介します。

インテリアには光も重要!照明の上手な選び方

インテリアの照明

http://www.actus-interior.com/actus-service/knowledge/light.html
「レストランやホテルみたいな素敵な照明にしたいんだけど、なんだか難しそう・・・」
いえいえ、ライティングに難しいルールはありません。
ちょっとしたコツを押さえれば、あとは自由に光を楽しむ感覚でOK。
ここでは、そんなライティングのポイントをご紹介。お部屋をおしゃれに演出する照明の基礎知識をお教えします。

上質スタイルのカギは「エクレクティック」

エクレクティックという言葉を聞いたことがあるでしょうか?2つのスタイルをミックスさせるコーディネートです。
たとえば「モダンスタイル」をベースに「エスニックスタイル」をミックスさせた部屋や「モダンスタイル」を「アジア」「アフリカ」のプリミティブな小家具などをミックスさせたスタイルを言います。
このスタイルは日本で住居でよく合うおすすめのスタイルです。このエクレクティックスタイルにはその人の個性がいっそう強く表れます。
「でもこのスタイルって難しいんじゃないの?」と思われがちですが意外と簡単!言い換えれば失敗しにくいスタイルといえます。どんなに自分のすきなスタイルがあってもそれで統一することは正直大変ですが、その好きなスタイルの椅子を一脚だけ置くだけでもそのスタイルの魅力が際立つかもしれません。一つのスタイルで全部を統一するより自分らしさのスタイルを表現しやすいですね。

ロンドン自宅インテリアのエクレクティック

エクレクティック
http://www.karimoku.co.jp/blog/sawayama/cat73/

インテリアの極意は「上質な物を長く使う」

タイトル通りインテリアの極意は「いい家具を選んで長く使いこなす」事です。
でもいい家具をどうしてえらぶ??と思われると思いますがこれはやはり良いものを見ること以外ないと思います。
インターネットでもいいのですができれば上質な家具を扱うショップやショールームで見てみることが一番の近道です。大抵の家具は座ったり、触ったりできるため、ソファなどすわり心地を体験しておいて損はありません。たとえ同じものが変えなくても自分のコーディネートに豊かな影響を与えてくれるはずです。本物を知る目で選んで上質な家具を長く、愛着をもって使いこなく!これがインテリアの極意!

高級家具ブランドってどんなのがある?

高級家具ブランドってどんな

http://www.tokyo-kit-furniture.com/masanori/2010/05/post-62.html

いろいろと見てきた中で、品質、デザインなどトータルに見て、「高級家具」に間違いないと思っているものを書いておきました。ここに書いてあるのは、高級家具の中の高級家具、つまり最高級家具と言われるものになっています。まぁ、個人的な好き嫌いのようなものがありますので、ここに書いたのはあくまでも主観的であることはご容赦ください。あなたの高級家具、最高級家具探しにお役立ていただければ幸いです。

インテリアの配置術でスパイスをなじませる

インテリア全体が数段レベルアップする配置で「対角線上の配置」というものがあります。これはベースの家具とスパイスアイテムを自然になじませるためのちょっとしたテクニックです。
例えばベーシックな「白」のソファにクラシックな「赤」のソファを合わせる場合、部屋いどのように配置をすればいいでしょうか?
サイドテーブルなども利用して少し距離のある場所に対角線上の両端にくるような配置がベストです。対角線上に置くことによって「つながり」を感じさせ、スパイスが周りの家具や空間になじむようになります。さらに白いソファに赤いクッションなどおくとさらにいいでしょう。

スパイス

リビングのウェルカム&リラックスのいい配置

ソファの置き方には見た目と機能から考えた理想的な配置があります。

ウェルカムな配置

リビングに入った時に一番きれいな風景が目に入るレイアウト。基本的にはソファの正面が入口を向くように配置されていたらいいのですが、テレビや窓などの兼ね合いで難しいところです。そんなときはソファの背にコンソールテーブルなどを置き、オブジェなど飾ることでいい雰囲気を作ることができます。因みにベットルームでも有効です。ドアを開けて入った時にベットヘッドが見える配置が部屋がとてもきれいに見える配置です。
入口からベットが見える
部屋に入った時に部屋の一番きれいな所が見えるのがベスト!寝室なら正面にベットがみえるといいい印象を与えます。

リラックスする配置

リラックスする配置とは家族・友達がくつろいで会話できるような配置です。人と人が90度で向かうL字形の配置をイメージしてください。この配置はL字形ソファだけでなく二人掛け+一人掛けソファでも作ることができます。真正面で向かい合う緊張感も隣に並んで座る密着感もなくほどよい距離で会話を楽しむことができます。また目線が直接ぶつからない角度であることもリラックスできる要因です。

リラックス

ソファを壁から10センチ離して置くのがソファの美しい配置法

ソファを配置する際に多くの人は壁にぴったりと寄せておくでしょう。実はソアは壁から5~10センチ離すだけで全体的にゆったりとした印象を与え、余裕させ感じさせるのですが。もちろんスペースを優先したいと思うのはふつうです。ですが10センチです。それでソファそのものが美しくみせて空間を生み出してくれるのですから試す価値あります!

壁から離す
ソファと壁に空間を開けることには更にイイことがあります。
ソファと壁の間に隙間を作ることで風が通り、湿気の逃げ道ができるため、湿気によるソファへのダメージを減らすことができます。ソファと壁の間にできた影により、ソファが引き締まって、よりスタイリッシュに見えまね
広く見せる


関連記事

東京都

足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区世田谷区台東区中央区千代田区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

東京都下

八王子市立川市武蔵野市三鷹市青梅市府中市昭島市調布市町田市小金井市小平市日野市東村山市国分寺市国立市福生市狛江市東大和市清瀬市東久留米市武蔵村山市多摩市稲城市羽村市あきる野市西東京市瑞穂町日の出町奥多摩町





* * * *

新着Blog

遺品整理から生前整理までお任せ!

東京都全域で遺品整理をはじめ終活・生前整理のお手伝いも致します。様々な理由でご不用になった不用品処分から回収までお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る