古着のリサイクルの歴史ご存知ですか!

スタッフBlog

こんにちは。
だいぶ寒さを感じる時期になりましたね。
そうなりますと着る物に困ります・・・。
殆どの方が衣替えされていると思いますが、その際につい掃除など始めて不用な物が出てきますよねっ。
私もそうですが、今度でいいやっ!
などと言っていると、12月に入ってしまい処分するにも込み合う時期です。
いざ、依頼しても時間や日にちが合わなく処分の機会を逃しがち。
込み合う前に、早目に依頼することをお勧めいたします!

着るものついでに衣類のリユース(古着)の歴史を皆さんご存知ですか?
古着専門のリサイクルが多くございます。

たとえば
リサイクルショップDonDonDown on Wednesday様(https://www.dondondown.com/


個人的におせわになっているのでちょっとご紹介!

最近では本当に多くの古着ショップがおおくございますが実は室町時代には絵画に古着屋がすでに登場しているんです!
このころは基本的に貴重だったので本当に使い込まれていたいたらしいのですが、使い古しを裂いて織り、再利用しておりました。
ECOの究極ですね!
その後今のような古着をそのまま着るという文化は、
戦後、アメリカなどから大量の古着が入ってきて、上野や浅草で販売されたことから現代の古着文化がはじまったらしいです。

歴史がある古着文化!
考えたら戦後の日本ではリサイクルすることが生活では必須だったんですね。

・・・とうわけで当社もこれからさらにリサイクル事業をがんばっていきたいと思います!

関連記事