リサイクル業を騙る悪徳業者に気をつけよう

スタッフBlog

粗大ゴミは処分するのは、手間がかかります。面倒なことは出来るだけ避けて、簡単に処分したい。誰しもそんな気持ちを持っています。そんな消費者心理につけこむ、悪徳業者とのトラブルが多発しています。不用品や粗大ゴミ、要らなくなった家電製品を無料で回収します。あるいは、見積もり無料や高価買取と書かれたチラシを配り、電話で問合せたり、スピーカーで宣伝を行いながら、巡回中に声をかけてきた人の家に入ってきて強引に回収を始めます。見積金額提示もなく、勝手に品物をトラックに積み込んでしまい、作業が終わるやいなや高額な回収金額を提示します。また、料金的には適正と思われる見積を提示し、後日追加料金を請求したり、回収した不良品を不法投棄し雲隠れする悪徳業者も存在します。
不法投棄された品物の持ち主が責任を問われ、結局処分料金を請求されたり、泣くに泣けないケースも報告されています。全国の消費センターに、同じような手口の被害が多数よせられ、行政処分を下された業者もあります。けれども大半が泣き寝入りでしょう。この様な悪徳業者にひっかからない為に、消費者自身が注意することはできます。まず、良心的できちんとした業務を行っているかどうかを見極める鍵として、第一の判断基準は、廃棄物処理業の認可があるかどうかです。これは自治体のサイトできちんと公表されています。インターネットの閲覧環境がない人は、市役所などに電話で問合せてみましょう。また、リサイクル業を営むには、管轄の警察署で古物商を営む許可が必要です。これも問い合わせをすれば分かりますので怠らないようにしましょう。また連絡先は固定電話の番号があるか、携帯だけなのかも重要な手がかりです。最近は殆どの会社が自社のHPを持っているので、HPを閲覧するだけでも、その会社についての情報が得られます。会社は営業していく上で消費者の信頼が得られなければ、直ぐに経営不振に陥るものです。そうした姿勢は従業員の態度にもおのずと現れます。問合せ応対や、見積に来た従業員の態度や身だしなみをチェックして、おかしいと思ったら、別の業者を探す方が得策でしょう。

関連記事