Blog

できる人が普通にやってる習慣!実践で効果を出す人の法則

実践で効果を出す方法
いくら服装や言葉使いに気をつけていても、机の上がグチャグチャでは印象は台無しです。きれいに片付いたデスクを保つことはオフィスでの最低限のマナーです。デスクを整理整頓すれば、仕事も効率よくサクサク進み、気分もスッキリ。片付けは苦手・・・という人も諦めないで!整理整頓された机はオフィスでのマナーであるだけでなく仕事をグンと効率UPし、気持ちもスッキリさせてくれる。片付けが苦手な人でも整理上手になれるポイントとは?

◇整理上手なひとはこん人

モノの置き場が決まっている
ボールペンからクリップ、付箋まで細かく種類別に置き場を決めて、使ったら必ず元の場所に戻すことを徹底している。モノが見つからずに焦っている・・なんて決してないのです。

ラベルをつけて探しやすく整理
書類は案件や作成日、名詞は取引先や50音順などカテゴリー分けをし中身がわかるようにラベルを付けてく。やや手間は掛かりますが、一目で中身を把握できるようにして探す時間を短縮しましょう。

捨てるまでの流れができている整理上手な人の多くが、未処理の書類を机に置き終わったら引き出しの中に移し保管後に捨てる!など過去の流れを作っている。過去のモノをためない仕組みを整えば机の上はいつもスッキリ!

書類を消して平積みしない上下重ねる「平積み」では目的の書類を探しにくいうえ突然崩れて雪崩を起こす可能性も。書類を保管するときは机の上や深い引き出しの中に書類ボックスを置き必ず立てて収納しましょう。

好きな色や小物で統一感を出す
棚やファイル、りっラックスグッツをお気に入りの色で揃えたり、かわいい小物をかざったり自分好みにし、仕事中の気分を上げる工夫も大事です。

整理のひと手間が仕事の効率を上げ心もスッキリ

必要書類が日ごとに増えていきどこに何があるかわからなくなる。1日30分は書類探しに時間を費やしてます。あなたもこんな似たような経験はないですか?整理上手な人とそうでない人では、仕事の進め方やパフォーマンスに大きな違いが出てくることがあります。
机がスッキリと整理されていれば、モノを探す時間を短縮できるだけでなく、仕事に必要な段取り力や集中力も高まるようです。「自分はかなり整理上手」と答えた人のうち95.3%の人が「仕事のスピードは速いほうだ」と回答。しかも段取り力があり、仕事の優先順位をつけるのが得意で集中力も持続と。ON・OFFの切り替えが上手な人が多かった。逆に、整理上手な人よりも、整理下手な人の方が残業が多い傾向(37.9%)にあった。

◇モノの置き場を決め捨てるまでのフローをつくろう

机周りを整理する具体的なポイントはんでしょう?
整理上手な人は文具は引き出し、今必要な書類は縦型のボックスとモノの置き場がきちんと決まっていてカテゴリー別に分類されらべりんグされ、必要なものが探しやすい環境が整っています。さらに不要なものをため込まないための流れができているのです。
1つの仕事が終わったらデスク上の書類は整理し不要な書類は破棄すると、デスク回りを見直す習慣を持ちモノをためない仕組みを作っているのです。
捨てるときの基準は「今後も役立つかどうか」なのです。もう役立つことはないと判断したら思い切って捨てたほうが次の仕事への切り替えも出来るのです。整理上手な人が仕事もテキパキこなす理由はここにありそうです。

◇デジタルデーターも紙も整理の基本は同じ

フォルダでいっぱいのディスクトップや大量に届くメール・・・。パソコン内のデーターをどう整理したらいいか悩むもの。
やりとりの記録の残るメールは便利な分、送られてきたメールを見逃してしまい、結局コミュニケーションロスが発生してしまうことも・・・。
どこからきたメールなのか、宛先は自分だけなのか複数人かを区別し整理することが大切です。基本的な整理の法則は、紙と同じ。案件や日付などでカテゴリー別にフォルダで分類し、一定期ごとに、見直して不要なものは処分。最初は慣れなくても、整理の仕方を1度作ってしまえばあとはそれに従うだけです。「探しやすさ」を意識して自分なりの整理の仕組みを作ってみましょう。

◇デスクの整理整頓

オフィスの中でも、もっとも整理整頓が必要な場所が、デスクです。このページでは、使いやすく見た目もきれいになるデスクの使い方の見本を、図のようにエリアごとにご紹介します。※もっとも一般的なオフィス用デスクの仕様に合わせています。

  1. デスクに置くのはパソコンと電話だけ
  2. 手前の引き出しは、作成中の書類の一般的な保管場所
  3. 右上、一番上の引き出しには文具を
  4. 右側、真ん中の引き出しには小物を
  5. 右側、一番下の引き出しには書類を

デスクを整理しよう >>

◇大人の仕事相談室

「デスクの整理整頓が苦手です。となりの後輩のデスクまで自分の持ち物が侵食し、嫌がられています。ついにブックスタンドで壁を作られました。しかし、机がきたないからといって仕事が捗らないわけではないので、どこに何があるか自分でわかっていればよし、と思っているのですが……。デキる人の整理整頓の法則ってあるのでしょうか?」
デキる人にはデスク整理の法則ってあるんですか? >>

◇「あ、この人、仕事できるんだろうな」って思う9つの瞬間

  1. メールのレスが早い
  2. 時間を守る
  3. 目的(ゴール)を意識している
  4. メモをとる
  5. 条件反射でしゃべらない
  6. ボールの保持者をハッキリさせる
  7. 自発的にOne More Thingをつける
  8. 語尾をハッキリさせる

詳しくはこちら >>

◇今日から使える22のタイムマネージメント方法

  1. 一日の始まりは簡単ですぐに終わるタスクから始める
  2. 完璧を目指さずにとりあえず始めてみる
  3. 限られた時間の方が良い仕事ができる。重要なのは集中力
  4. スケジュールを入れるときは一日4-5時間を目処に
  5. 重要な事柄がある場合は、なるべく一日の早い時間に入れる
  6. 最もインパクトの大きい事柄を認識しておく
  7. 大きな仕事は細かなタスクに分け、それぞれに締め切りを設定する
  8. やる事リストを作成した時点でタスクの半分は完了している
  9. To doには必ず優先順位をつけ、相手に関連する事柄を先に片付ける

10~をもっと読む  >>

◇現役東大生がこっそりやっている、頭がよくなる勉強法

  1. ノートは3回読んで覚えてから書く
  2. ノートの右側に「TODOリスト」を書く
  3. 矢印だけで文章をつながない
  4. 話の内容をひとことでまとめる
  5. 授業の前後に1分間復習する
  6. インプットとアウトプットの比率は3:7
  7. スキマ時間にノルマを組み合わせる

ビジネスでも、資格取得でもすごい効果! 現役東大生がこっそりやっている、頭がよくなる勉強法  >>

◇仕事効率を上げる方法を紹介。1つでも実践すれば明日から変われる!

  1. 「その仕事は本当にするべきか?」をいま一度、問うてみる
  2. 仕組み化する
  3. 今から自分が行うことが、将来の自分にどう返ってくるかを考えて行動する
  4. 朝仕事をする
  5. 早く帰る目的を作る

詳しくはこちら >>

◇10年後の自分を磨け!引き寄せの法則を最大限に活用する7つの方法

  1. 「お金は財布の中に!」
  2. 「嫌な事を引き受ける」
  3. 「時として自分を捨てる」
  4. 「自分が一番努力する」
  5. 「出会いを大切にする」
  6. 「お墓参りは有効か?」
  7. 「成功者のノウハウを知る」

引き寄せの法則はこちら >>

◇高効率睡眠で今後10年の活動時間を7300時間増やす方法

  1. 起きる時間は毎日必ず同じにする
  2. 睡眠周期を一度リセットする
  3. 嫌な記憶・不快な記憶が頭に浮かんで眠れない場合
  4. 部屋を起きやすい環境にしておく
  5. できればその後も夕飯は抜く
  6. どうしてもお腹が空いたらハチミツレモンを飲む
  7. 睡眠は人生を変える

詳しくはこちらを >>

◇週4時間の労働で結果を出し続ける男 ティム・フェリスの仕事術

  • 「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは何ですか?
  • 仕事場の配置はどのようになっていますか?
  • 仕事中は何を聴いていますか?
  • 愛用のToDoリストマネージャーは何ですか?
  • スマートフォンとコンピューター以外で「これは必須」というガジェットはありますか?
  • 日常のことで「これは他の人よりうまい」ということは何ですか?
  • 今までにもらったベストアドバイスは?

ティム・フェリスの回答はこちら >>

◇取り入れたら仕事が劇的に速くなった習慣

  • 常にメモ帳を持ち歩き、脳には記憶させない事でアイデア量がUPする
  • アウトプットする機会を多くつくることで記憶力がUP
  • 毎朝、タスクや同僚の状況を考えながら、「何を?どの順で?何を考える?相手に何ができる?」の4点を考える
  • 仕事は20%の労力で十分成果が出るので、労力をどう効率化するかに重点を置く
  • 電子メールのチェックは時間を決めて1度に見る
  • チェックの時間は1日の後半にして、1時間に1度10分間でもOK
  • タイマーを使い『25分の集中+5分の休憩』のサイクルで仕事をする
  • 問題点を把握し、事前準備を済ませておいて会議は30分以内で終了
  • 最初はオリジナルのやり方を探すより前例、効率的なやり方を素直に真似する

取り入れたら仕事が劇的に速くなった習慣 >>

◇超成果を出している人に共通する11の秘訣

  1. めちゃくちゃよく働く
  2. 好きなことをしている
  3. やたらと効率がいい
  4. 判断が早い
  5. メールの返事が超早い
  6. 意外と細かい
  7. 過去にこだわらない
  8. 健康
  9. マイペース
  10. 人の力を借りるのがうまい

共通する11の秘訣の説明はこちら >>


関連記事





* * * *

新着Blog

遺品整理から生前整理までお任せ!

東京都全域で遺品整理をはじめ終活・生前整理のお手伝いも致します。様々な理由でご不用になった不用品処分から回収までお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る